気功整体で健康になる方法

2017年02月15日

足の冷えは万病の元!5


いつも皆様には感謝しております。


足の冷えは万病の元です!!

足が冷えると、上半身に気がのぼります。

すると、胸から上の血流がとても活発になりすぎます。

このことで、頭痛、目まい、動悸、肩こり、などの症状が重くなって現れ、

怒りっぽくなったり、急に落ち込んだり、精神的にも不安定になりがちです


もしかすると、今あなたが、頭痛がひどくて、落ち込んだ気分になっているのは、

足の冷えのせいかもしれません!


今すぐ、爪先を触ってみましょう!

氷のように爪先が冷たくなっていませんか?


もし、氷のように冷たくなっていたら、

爪先を手でモミモミしましょう!

だんだんと足が温かくなって、体調が良くなってきますよ。


そもそも、足が冷えるのは、体の血行が悪いのです。

なので、気功整体で体調を整えましょう!



電話鑑定始めました!


スピリチュアルな腰痛の原因とは?


無料セミナーです!!「恋愛・婚活成功法!!」@2/26 大阪 谷町四丁目


魂の色・魂の目的・前世がわかるスピリチュアルカウンセリングと気功整体の「Qiセラピー」とは?


ひぃりんぐ処あるぢやホームページ
アクセス:大阪市営 地下鉄谷町四丁目駅 徒歩3分
営業時間:午前10時から午後10時
定休日:金曜日 第3土曜日

スピリチュアルカウンセラー
気功整体師
有地正敬のプロフィールはこちら
あるぢカロノ あるぢや施術室


ご予約・お問合せ
電話090-5460-5949
または、こちらのメールフォームへ
contact2

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ  



arudiya at 16:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年12月17日

腰痛と頭痛は同時に起こるもの!!現代人は頭熱足寒5

頭痛イメージ


腰痛と頭痛が同時に起こるなんて考えらえないと思われることでしょう。

でも、腰痛と頭痛は同時に起こります


腰痛と頭痛をダブルで発症される方がとても多くなりました。

その原因はこうです!!

頭熱足寒」です!!

で、この状態を放っておくと、

ヘルニアまたは腎臓の病気と鬱または脳の病気を同時に患うことになります。


本来、「頭寒足熱」が健康に良いとされています

頭寒足熱とは、頭が冷えていて足が暖かい様子を言いますが、

これは本来、体の気のバランスを示したものです。

頭の気はほどほどで、足にはたっぷり気が充実している様子をいいます。

体の下に行けば行くほど、気が満ちているのが望ましいのです。


頭熱足寒で、なぜ腰痛と頭痛が同時に起こるのかその理由はこうです。

頭に気が溜まりすぎて、常に頭に血が上った状態になり、頭痛になります。

足の気が不足して、体を支えるバランスが崩れ腰痛になります。

もちろん、足の冷えも腰に負担をかけ腰痛になります。


以前は冬場に「頭熱足寒」の人が多かったのです。

その理由は、暖房のせいです。

暖房の効いた部屋に長くいると、頭が熱くなり、足が冷える現象が起こります。

これは、暖房特有の現象です。

これを解消するのに床暖房や暖気を効率よく部屋を循環させるエアコンなどが開発されています


で、これが冬だけの現象かと思いきや、1年を通じて多くなりました。

その原因は、スマホの多用と睡眠時間の減少、運動不足、偏食、などが考えられます。


そして、不安であれこれ考えることも原因になるかと思います。


頭熱足寒で腰痛と頭痛が併発している場合、

気功整体では、まず、頭の気を下半身のほうへ下げるようにします。

すると、気のバランスが整い、頭寒足熱の状態になって、腰痛や頭痛が解消されます


でこれからこのブログでは、現代人に多い「頭熱足寒」について度々取り上げていきます。



あるぢやの気功整体について

電話鑑定始めました!

2017年を予知しよう!「2017年を予知する瞑想法セミナー」@12/18大阪 谷町四丁目 あるぢや

スピリチュアルカウンセリングと気功整体の「Qiセラピー」とは?

スピリチュアルカウンセリング・魂のセラピー~魂の名前、色、目的・前世・守護霊様が分かります。~


ひぃりんぐ処あるぢやホームページ
アクセス:大阪市営 地下鉄谷町四丁目駅 徒歩3分
営業時間:午前10時から午後10時
定休日:金曜日 第3土曜日

スピリチュアルカウンセラー
気功整体師
有地正敬のプロフィールはこちら
あるぢカロノ あるぢや施術室


ご予約・お問合せ
電話090-5460-5949
または、こちらのメールフォームへ
contact2

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ  



arudiya at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年11月16日

本来の邪気の意味とは?5


邪気とは、本来、中医学の用語で、人体に影響を及ぼす気象変化の事を意味します。

なので、「外邪(がいじゃ)」とも呼ばれています。

外邪には6つあり、「六淫の邪気(りくいんのじゃき)」と呼ばれています。

では、6つの邪気を紹介します。

<風邪>ふうじゃ・・・風の邪気です。症状として風邪(かぜ)のことです。

<暑邪>しょじゃ・・・暑さの邪気です。熱中症や夏バテなどが主な症状です。

<湿邪>しつじゃ・・・湿気による邪気ですが、秋の長雨のころに出る邪気とされていて、胃腸のトラブルを起こします。

<燥邪>そうじゃ・・・乾燥による邪気です。皮膚を乾燥させる邪気です。乾燥肌などを起こします。

<寒邪>かんじゃ・・・寒さによる邪気です。血行不良によるトラブルを招き、冷えだけでなく痛みもともないます。生理不順や腰痛が寒邪の代表です。

<火邪または熱邪>かじゃ・ねつじゃ・・・暑い夏が長期化すると起る邪気です。胸から上に症状が現れやすいです。鼻血・口内炎・不眠などが主な症状です。

以上が本来の邪気です。

私達が想像している霊的な邪気ではありません。

おそらく霊的な邪気は邪気の意味を拡大させたものではないかと思います。

なので、これから寒くなりますし、乾燥もするので、

寒邪と燥邪にお気を付けください!


ひぃりんぐ処あるぢやホームページ
アクセス:大阪市営 地下鉄谷町四丁目駅 徒歩3分
営業時間:午前10時から午後7時
定休日:金曜日 第3土曜日

スピリチュアルカウンセラー
気功整体師
有地正敬のプロフィールはこちら
あるぢカロノ あるぢや施術室


ご予約・お問合せ
電話090-5460-5949
または、こちらのメールフォームへ
contact2

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ  



arudiya at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック