前世の記憶

2014年07月06日

スピリチュアルな魂との会話3 魂の輪廻転生と前世5

スピリチュアルな魂との会話3 魂の輪廻転生


あなたの魂も私の魂も輪廻転生を繰り返し成長します。

魂によると、「何度も生まれ変わって、この世に降りてこられることはとても重要なんだ」と言っています

魂にとって、この世で経験することは何よりも代えがたいものだそうです。


何度もこの世にやってきて、誰かの肉体に宿り、その人の人生を全うすると、魂はう~んと成長するそうです
(魂が宿るのは人間だけとは限りません。)

なので、今、あなたに宿っている魂も成長中なのです。

「この世」と魂が住む「魂の世界」とは全く別の世界です。

この世には、魂の世界では経験できないことで溢れいます。

この世で経験したことは、全て魂に吸収され、それらが魂の成長のタネになります


また、何度も生まれ変わって、この世にやってくると、この世のことがわかるようになります

この世の事情をよく理解できるようになると、この世でより良く生きる方法が身に付きます。

これが魂にとってとても重要です。

なぜ、重要なのでしょう。

それは、次に生まれ変わってこの世にやって来た時にとても役立つからです。

そして、もっと大切な理由があります。その大切な理由は後日紹介します


つまり、今あなたに宿っている魂は、いっぱい色んな人生を経験しています。

この経験を前世と呼んでいます。

魂には前世の記憶がたくさんつまっています


それら前世の経験をベースにして、今、私達は生きているのです

この世で生きていくのに迷ったら、前世の記憶を頼りにすればいいのです。


前世の記憶を魂から伺いたい時は、スピリチュアルカウンセリングを受けて魂に尋ねてみるといいかもしれませんね。

または、瞑想して直接魂に尋ねてみるのもいいかもしれません


いづれにしても、人生に困ったら、魂がなんとかしてくれます。大丈夫ですよ

皆さんの魂には、数百回以上の魂の輪廻転生の記憶がありますから




合わせてこちらの記事もどうぞ

スピリチュアルな魂との会話 1

スピリチュアルな魂との会話 2 魂の楽しみ

くしゃみのスピリチュアルな意味とは?


ひぃりんぐ処あるぢや
大阪市営 地下鉄谷町4丁目駅 徒歩3分

スピリチュアルカウンセラー&気功整体師
有地正敬のプロフィールはこちら

有地正敬

arujerul01





  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ  

arudiya at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年05月14日

スピリチュアルな前世の人生物語は面白い。~冒険家編~5

あなたの前世は、どんな人で、どんな人生を歩まれましたか?

あるぢやのスピリチュアルカウンセリングはちょっとユニークな前世鑑定をします

それは、前世がどんな人で、どんな人生を送られたのか、時間の限り詳しくお伝えしてます。

クライアント様の前世を鑑定し、前世の波乱万丈の人生の物語をお話しするのです。

人それぞれに、素晴らしい人生の物語があるように、前世にも想像もつかない素晴らしい物語があるのです。

前世が歩んできた人生の物語を聞くと、きっと、あなたも驚きと感動で胸がいっぱいになることでしょう

そして、前世の物語を聞いた後、体の奥から、みなぎる熱いエネルギーを感じられることでしょう


では、ここで、とある方の前世の物語を少しお伝えします

(とある方とは、あるぢの知り合いの男性で、ブログに乗せることを条件に、モニターとしてあるぢの前世鑑定を受けて頂きました。前世鑑定は数年前のものです。)

この方の前世は、19世紀から20世紀の初めにかけて活躍した英国人男性の冒険家です

彼は、英国貴族の男性とフランス人女性との間に私生児として生まれました。

生まれてから6歳までは母とともにフランスで過ごし、その後、イギリスにわたり父のもとで厳格に育てられました。

しかし、父と正妻と間に子供がいたので、私生児だった彼は正当な後継者とは認められず、家族愛の薄い、つらい少年記を過ごしました。

その当時、彼は、使用人やその家族たちと楽しい会話をするのが楽しみでした

そして彼にはもう一つの素敵な楽しみがありました

それは、父の弟である伯父に連れられて、いろいろな国を旅することです。伯父は彼をとても可愛がっていました。彼にとって伯父は唯一心を許せる家族だったのです

その影響から、冒険家になりたいという夢を持ちました

そもそも、彼は貴族の私生児で正統後継者ではなかったので、イギリスに縛られることはありません。

しかも、資金を援助してくれる伯父がいたので、自由に外国を飛びまわることに何も問題はありませんでした。

さらに、辛い少年期に身につけた人を楽しませる会話術で、どんな人も自分の友達にしてしまうことができたのです。

冒険家になるにはうってつけの条件です

しかし、時は19世紀、世界のおおよその国や地域にはイギリス人が一人や二人、それ以上いる状態で、冒険するような所は、かなり過酷で危険な場所に限定されていました

しかも、過酷で危険な所を冒険することに伯父は大反対でした。当然資金を出してくれません

なので、自分で商売をして資金を得ないといけません

彼の少年期に身に付けた人を楽しませる会話術を巧みに利用して、貿易会社を立ち上げることなりました。

彼の貿易会社は世界中の名品や珍品をあつかいます。

貿易会社なら、珍品を仕入れることを口実に、ちょっと過酷で危険な地域へ冒険することが可能です。

かくして、彼は、趣味と実益を兼ねた冒険家として成功を収めました


で、話はこれで終わりません

実は、この前世鑑定を受けたあるぢの知り合いは、当時、失業状態でした。

その後、東京の貿易会社に採用されたとのことです

現在、南米アマゾンに駐在しているとのことです

彼は前世の物語を聞いて奮い立ったのでしょう。めでたしめでたしですね。


さて、あなたの前世の物語は、どんなワクワクドキドキする物語でしょうか

あるぢやのスピリチュアルカウンセリングであなたの前世の物語を聞いてみませんか



合わせてこちらの記事もどうぞ

前世で得た能力は引き継がれます。

スピリチュアルな前世の夢は魂からの贈り物

前世にゆかりのある場所を旅する方法



ひぃりんぐ処あるぢや
大阪市営 地下鉄谷町4丁目駅 徒歩3分

スピリチュアルカウンセラー&気功整体師
有地正敬のプロフィールはこちら

有地正敬

arujerul01







arudiya at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年04月02日

スピリチュアルな心の扉を開ける方法5

スピリチュアルな心の扉を開ける方法


自分の気持ちに素直になりたいと思っていても、なぜか自分の心とは逆のことをしてしまうことはありませんか

または、

いろんな人と楽しくお喋りしたいのに、自分の思っていることを上手く表現できないので、人との交流を避けたりしていませんか


これらのお悩みは、あなたの心の扉がブロックされていることが原因かもしれません

心の扉がブロックされていると、自分の心と正反対のことをしてしまいがちになります

それでは、まわりから本当の自分を理解されないことでしょう

でも、心の扉が開くと、まるで翼が生えたように、自由になれますよ

やりたい事が何でもできそうな、前向きで、明るい気分になれます

しかも、街中の人々がみんな友達のように思えてきます

さらに、みんなとのお喋りをもっともっとしたくなります

本来の自分を理解してくれる人がたくさん増えます


では、スピリチュアルな心の扉を開ける方法を1つお伝えします

その方法とは、“心に光を当る”ことです

具体的に説明します。

目を閉じて、太陽に向かって、大きく胸を開いて深呼吸します

または、満月の夜に、月に向かって、大きく胸を開いて深呼吸します

こうすると、光のエネルギーが胸から心へ入り、心に光がさし、心の扉が開くそうです

「え~こんな事で~!?」と思われるかもしれませんが、光にはその場を明るく照らすだけでなく、人の心の扉を開ける力もあるのだそうです

騙されたと思ってやってみませんか。お試しあれ


実は、まだ他にも、スピリチュアルな心の扉を開ける方法があります。

4月27日の気功セミナーでお伝えします

詳細は以下のリンク先にあります。

心のブロックを解放する「心を癒やす気功法」@4/27 大阪 谷町


ご参加お問合せお待ちしております。よろしくお願いいたします


ひぃりんぐ処あるぢや
大阪市営 地下鉄谷町4丁目駅 徒歩3分

スピリチュアルカウンセラー
&気功整体師

有地正敬のプロフィールはこちら

有地正敬

arujerul01







arudiya at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック