タグ

タグ:クリスマス

奇跡のクリスマスには願い事をしよう!

5

カテゴリ:

奇跡のクリスマスには願い事をしよう


クリスマス03


明日のクリスマスは満月です。

満月とクリスマスが重なるのは36年ぶりのことで、次は19年後になります。

これはとても珍しい現象で、奇跡のクリスマスと呼ばれています


そこで、あるぢの魂であるカロノさんより奇跡クリスマスにふさわしい願望実現法をお伝えします

それは、箱に願い事を書いた紙を窓辺に置く方法です

詳しく説明します。

箱は木、紙、金属など素材はなんでもいいです。

できれば、可愛いデザインのものがいいですね。

今なら、クリスマスプレゼント用のデザインを施した箱が100均などで売られていますね。

手のひらよりやや大きめのサイズの箱がベストです

箱を用意したら、白い紙に、あなたの願い事を書きましょう。

最低7個は書きましょうね

今度は、願い事を書いた紙を2つから4つに折って箱に入れます。


そして、ここからが大事です

満月が見える窓の窓辺に箱を置きます

満月の月の光が箱に指すと、紙に書いた願いが全てかなうそうですよ

できるかぎり、月の光が当たるように置くのがポイントです

ぜひ、お試しあれ!


あるぢの魂、カロノさんのスピリチュアルなプロフィールを紹介します。


この世に生まれてきた理由を知りたい。


ひぃりんぐ処あるぢやホームページ
アクセス:大阪市営 地下鉄谷町四丁目駅 徒歩3分
スピリチュアルカウンセラー
気功整体師

あるぢカロノ あるぢや施術室
有地正敬のプロフィールはこちら

ご予約・お問合せ
電話090-5460-5949
または、こちらのメールフォームへ
contact2

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ  

クリスマスのスピリチュアルなお話し、クリスマスはお正月の元旦のこと

5

カテゴリ:
クリスマスのスピリチュアルなお話しです。

実はクリスマスはお正月の元旦のことだそうです

皆さんご存じだと思いますが、そもそもクリスマスはイエス・キリストの誕生日ではありません

古代ローマ皇帝がキリスト教を広めるために冬至の日に決めたのが始まりです。

今でも、キリストの誕生日は定かではありません

では、本来のクリスマスとは何でしょうか?

魂によると、太陽の誕生を祝う日です

冬至が明けの最初の日の出を太陽の誕生と解釈し、太陽が新たに生まれ変わったことを祝うお祭りをしていたのです。それが12月24日または25日の頃に行われていました

しかし、ローマ時代にクリスマスに取って代わったのです。

元来、クリスマスは冬至明けの初日の出を祝う日なのです

日本で言えば、お正月の元旦に初日の出を祝うのと似ていますね。

クリスマスは超古代のお正月の元旦なのです。

冬至明けの太陽は赤ちゃんのように優しく初々しいパワーをしています。命を宿してくれる母のような光です。これが本当のご来光というものだそうです

全身にその光を浴びると生まれ変わったような気持ちになれますよ。1月1日の初日の出よりも新鮮な光を拝めることでしょう

新しい1年の幕開けにふさわしい太陽の光をしています。これを祝わないで何を祝おうかという気になります

明日は一応晴れの予報なので、生まれ変わった初々しい太陽を拝んで、気持ちを一新させましょう

太陽に感謝です


合わせて、こんな記事はいかがでしょうか。

スピリチュアルなクリスマスに運命の出会いを実現する花の魔法

谷町4丁目でスピリチュアルカウンセリング

気功整体で首のこりが強くて呼吸がしずらいなどの症状を癒やしましょう。

気功セミナー:「スプーンを曲げる気功法」1/26(日)@大阪 谷町


ひぃりんぐ処あるぢや
大阪市営 地下鉄谷町4丁目駅 徒歩3分

スピリチュアルカウンセラー
&気功整体師

有地正敬のプロフィールはこちら

arusew01











arujerul01





このページのトップヘ

見出し画像
×