整体

2019年10月24日

ぢ(痔)のスピリチュアルな意味とは?


腰痛01


感謝しております。

大阪のちょっと変わった気功整体師あるぢです。

スピリチュアルカウンセラーもしています。

健康からディープなスピリチュアルな話題までお届けしています。


体の痛みや症状や状態にはスピリチュアルな意味があります。

スピリチュアルな意味を知ると快方へのヒントになりますよ。



今回は、お尻から出血してしまう「ぢ」についての

スピリチュアルな意味を紹介します。


あるぢやは、気功整体サロンなので、出血をともう状態を処置することはできません。

ただ、ぢは食生活や生活習慣からくるものなので、

気功整体やカウンセリングで予防することが可能です。


さて、ぢが起こるのは肛門です。

肛門から性器にかけての部分はスピリチュアル的にとても重要な部分です。

第1チャクラや会陰のあるところです。

つまり、生命エネルギーの根幹となるところです。


そんな肛門ですから、

スピリチュアルな役割があります。

それは「再生への扉」です。


ここから出るものは、全て自然に帰り、新たな再生への道を歩みます。

なので、肛門は自然界に直結した部分と言えます。

自然界は宇宙にも繋がりますので、

肛門から出たものは宇宙エネルギーへと再生されると言ってもいいでしょう。


「ぢ」は肛門の不具合です。

やはり、

スピリチュアルな意味があるわけです。

その意味は、あるぢの魂であるカロノさんから聞きました。


スピリチュアルな「ぢ」の意味とは、

「我慢の限界を超えているよ」

です。



我慢の限界とは、食べ過ぎ、飲み過ぎ、働き過ぎ、

運動不足過ぎ、運動し過ぎ、

太り過ぎ、痩せ過ぎ、心配しすぎ、怖がり過ぎ、

人の話を聞かなさ過ぎ、など、


過ぎたことを行っていると、

肛門のスピリチュアルな役割である

再生への扉の開き具合が悪くなって

「ぢ」になるのだそうです。


ぢにならない生活はいつもスムーズに宇宙を繋がっている生活です。

ぢの予防には気功整体です。


次回をお楽しみに!


スピリチュアルな足のしびれの意味とは?


スピリチュアな背中の痛みの意味とは?


スピリチュアルな手首の痛みの意味とは?


あるぢやスピリチュアル無料セミナーのご案内!




ひぃりんぐ処あるぢやホームページ

アクセス:大阪市営 地下鉄谷町四丁目駅 徒歩3分
営業時間:午前10時から午後10時
定休日:不定休

スピリチュアルカウンセラー
気功整体師
有地正敬のプロフィールはこちら

あるぢカロノ あるぢや施術室

ご予約・お問合せ
電話090-5460-5949
または、こちらのメールフォームへ
contact2

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ  



arudiya at 05:00|PermalinkComments(0)
Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年10月23日

気分が落ち込んだ時のスピリチュアルな意味とは?5




幻想10



感謝しております。

大阪のちょっと変わった気功整体師あるぢです。

スピリチュアルカウンセラーもしています。

健康からディープなスピリチュアルな話題までお届けしています


さて、急激に気分が落ち込むことがあります。

あるぢにもあります。

何の前触れもなく気分が落ち込んだりします。

これには参ります。


これのスピリチュアルな意味は2つあります。

あるぢの魂であるカロノさん聞きました。


1つは、体と気持ちに関係します。

「冷え性気味で、大声で笑っていないよ!」

です。

体の冷えと笑いが少ないのは幸せホルモンの分泌が減ります。

すると、気分の変調が起こり、急に落ち込むことがあります。


2つ目は、

「誰かをとても嫌っているよ!」

あまりに誰かを嫌っていると、

そのネガティブエネルギーで

自分が参っちゃって

急激に落ち込むことがあります。


落ち込むには何か原因があります。

ちょっと自分を見つめ直してみましょう。

次回をお楽しみに!!


スピリチュアルな足のしびれの意味とは?


スピリチュアな背中の痛みの意味とは?


スピリチュアルな手首の痛みの意味とは?


あるぢやスピリチュアル無料セミナーのご案内!





ひぃりんぐ処あるぢやホームページ

アクセス:大阪市営 地下鉄谷町四丁目駅 徒歩3分
営業時間:午前10時から午後10時
定休日:不定休

スピリチュアルカウンセラー
気功整体師
有地正敬のプロフィールはこちら

あるぢカロノ あるぢや施術室

ご予約・お問合せ
電話090-5460-5949
または、こちらのメールフォームへ
contact2

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ  



arudiya at 11:31|PermalinkComments(0)
Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック