花粉症とスピリチュアル

2017年03月13日

誰にでもできる花粉症改善法!!5


風邪01


いつも皆様には感謝しております。


誰にでもできる花粉症改善方法です!!

花粉症は、気のバリアで解消できるんです!

これは、一理あります。


中医学(東洋医学の元で伝統的な中国の医学)では、寒さ、暑さ、ウィルス、花粉などの体調を崩すものを外邪と呼んでいます。

中医学によると、体表には、外邪を防ぐための衛気(エキ)といわれる気のバリアがあるとされています

この衛気と強くすると体内への外邪の侵入を防ぐようになるとされています。

つまり、衛気という気のバリアが強くなれば花粉症も解消できるというわけです


そこで、花粉症でお悩みのお客様には、衛気が強くなる気功整体を施術しています。

衛気を強くするには、肝、腎、心、肺、脾、に関係するツボを押し、五臓の気のバランスを整えつつ、皮膚を揺らすように全身をマッサージします。

ここでポイントとなるのは、皮膚を揺らすように優しくマッサージすることです。

または、軽く叩くこともあります。


こうすることで、直接衛気を刺激し活性化させることができます。


あまり知られていませんが、導引気功の功法に全身を手のひらで叩く功法があります。

実は、この功法には衛気を強くする効果があります。


で、皮膚を揺らすようにマッサージしたり、軽く叩くと、お客様によりますが、実際に多少の効果が現れております。

とくに、花粉症の症状のひどい人ほど効果的で、今年は花粉症をまったく感じていいないと仰っています。

花粉症を改善するには気のバリアを強くすることです。

あなたも全身の皮膚を手のひらで揺らすようにマッサージしてみたり、

軽くポンポンと叩いてみましょう!!

すると、あなたの気のバリアが強くなった幾分か花粉症が楽になることでしょう。


電話鑑定始めました!~あるぢはあなたのそばにいつもいます!~

無料セミナーです!!「全ての悩みを解決する方法!!」@4/23 大阪 谷町四丁目

スピリチュアルカウンセリングと気功整体の「Qiセラピー」とは?

スピリチュアルカウンセリング・魂のセラピー~魂の名前、色、目的・前世・守護霊様が分かります。~



ひぃりんぐ処あるぢやホームページ
アクセス:大阪市営 地下鉄谷町四丁目駅 徒歩3分
営業時間:午前10時から午後10時
定休日:金曜日 第3土曜日

スピリチュアルカウンセラー
気功整体師
有地正敬のプロフィールはこちら
あるぢカロノ あるぢや施術室


ご予約・お問合せ
電話090-5460-5949
または、こちらのメールフォームへ
contact2

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ  



arudiya at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年02月27日

花粉症には腰の少し上をマッサージすると良いですよ!5


花粉


花粉症には、腰より少し上の辺りを優しくマッサージすると症状が比較的軽くなる場合があります

これは、中国の伝統医学や東洋医学では、腎臓の気が衰えると絶えず鼻水や鼻づまりなどの症状が現れるとされています。

花粉症はまさに、鼻水や鼻づまりそしてクシャミななど、鼻に症状が現れます。

花粉症が起るということは、腎臓の気が衰えている証となります。

そこで、花粉症を改善するには腎臓の気を強くすると良いそうです


その場合、最も簡単な腎臓の気を強くする方法が、

腎臓マッサージです

腎臓マッサージの方法は、背中の腰から少し上あたり、ウエストラインより少し上の辺りを手のひらでゆっくり摩ります

回数は、1度につき、10回程度摩ります。できれば毎日、朝、昼、晩に行うといいでしょう。

すると、腎臓の気の力が強くなり、花粉症の症状が軽くなるでしょう。

1度で劇的改善されることはありません。

花粉が飛んでいる期間は毎日行うと、花粉症の辛さが少し和らいでくると思います。

是非、お試しください


スピリチュアルな花粉症の原因とは


スピリチュアルな腰痛の原因とは?



ひぃりんぐ処あるぢやホームページ
アクセス:大阪市営 地下鉄谷町四丁目駅 徒歩3分
スピリチュアルカウンセラー
気功整体師

あるぢカロノ あるぢや施術室
有地正敬のプロフィールはこちら

ご予約・お問合せ
電話090-5460-5949
または、こちらのメールフォームへ
contact2

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ  



arudiya at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Share (facebook) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック